横田基地 日米友好祭 2014

 日本の出店が殆どありませんでした。
 
 その代わりに、カスタム・カーの展示。
 


 



 マイカーなんだろうけど、ナンバーついてないから公道は走れなさそうです。
 軍用機に載せて持ってくるのかなぁ。 
 答えは無いだけに、色々と想像してしまいます。







■  [PR]

横田基地 日米友好祭 2014



アメリカの救急車 格好いいですよね。
日本製はワゴン車タイプで、患者を載せる部分と運転席が行き来き出来ます。
日本車の方は赤色灯などド派手ですが、アメ車の方は一見地味ですが点滅させると存在感があります。



赤十字のボランティアなのか、本当の看護士さんなのか分かりませんが楽しそうにしてました。
実際にはホットパンツで看護することはないでしょうから、ボランティアなのでしょうね。







■  [PR]

横田基地 日米友好祭


  軍用犬 のデモンストレーション

  今年は タイミングが悪くて、ワンちゃん達を写せませんでした。

  


■  [PR]

横田基地 友好祭 2


 今までだと、10時頃に牛浜駅から徒歩。 駅のホームを降りる段階で大渋滞です。
 基地のゲートまで、大渋滞で1時間以上は掛かります。

 今回はちょっと早目に。 8時40分ごろ、牛浜駅に着きました。 全然混んでない!
 10分程度でゲートのそばまで行きつきました。 

 まだ、ゲートが開いていないので全く進みません。
 
 


 ゲートが9時にオープンしましたが、2列程度の流れで殆ど動きませんでした。
 帰り用のゲート側を開けてそちらから入場する事になりゲートを抜けたのが 9時30分。 
 蒸し暑かったですが、いつもより全然 楽に入場出来ました。
 

 ※ゲートでカメラを構えると、セキュリティーの関係で注意される事がありますので撮らないように。
 
 
  

 この体に悪そうな、飲み物が何故かここに来ると飲みたくなります。 
 ゲート入場口では ¥200-  会場奥まで行くと ¥300-と高くなりますので
 ここで買うといいですヨ。

 
 

 何故か赤十字の献血キャンペン。 いつも有ったかなぁ~との存在ですが
 今年はインパクト強すぎて、写真撮ってしまいました。

 赤十字とスターウォーズがどのような因縁でコラボしているのか知りませんが、
 自慢げにポーズを取っているので、ついつい。 暑い中、ご苦労さまです。

 
 

 日本製の産廃トラックですが、何故か基地にいると恰好良く思えてしまうのは 
 アメリカンマジックでしょうか。





■  [PR]

オスプレー

2014-09-06(土) 横田基地友好祭に行ってきました。

 去年は予算削減で開催されませんでした。 
 今年も予算が決まらず・・・・ 例年より1ヶ月遅れて開催に漕ぎつけました。

 話題のオスプレー来てるかなぁ? なんて期待してたら

 期待は外しません!  2機 展示してあります。

 1機は乗務可能。  っていうか、もう皆さんベタベタ触りまくってます。




 
第一印象は、 小ちぇ~!!  
 写真でみるとデカイ印象があったのですが、現物を前にすると小さいです。
 
 たぶん、ジープは載せら得ません。 人と銃火器程度。

 墜落事故が多いと噂されていますが、1990年台の開発時の頃の話のようですね。

 アメリカ軍として採用したのは 2005年からです。

 この展示してある機体も使い込んでいてボロボロでした.

 自衛隊の対潜ヘリの方が大きいのでないでしょうか。


 


 尖閣諸島に那覇から高速度で無給油で往復できる初期防衛の要のオスプレー。

 そう考えると、どの国がある意図でオスプレーの配備反対を誘導しているか
 何となく見えてきますよねぇ~



■  [PR]

食レポ

食レポ

日本の食レポ と 中国の食レポ1のブログに明らかに違いがあるそうです。

日本人の食レポは 食品だけを撮る。
中国人の食レポは 食品と本人も写る。 

へぇ~、そうなんですね。 確かに、食品だけ撮ってるなぁ。 


ガーベラ、珍しい色でした。 オレンジに近い黄色のガーベラでした。




新潟魚沼産の ”魚沼” って日本酒。 米どころなので、美味しいかなぁと買ってみました。
”飲み口さらり” って書いてある。 もう少し、”さらり” ってしていても良い様な。
1,000円を切ってるから、コストパフォーマンスの観点で最高です。


外国人の方は卵料理は好きですが、生玉子は絶対食べないとの事です。
あぁ~確かに、カナダからの来た子を連れて浅草で有名なすき焼きを食べましたが、
生たまごは遠慮してました。
日本でスーパーなどで流通している生玉子は、殺菌処理してあるので大丈夫です。
でも、家庭で飼ってる鶏のたまごは、そのまま割って食べてたけど大丈夫だったのかなぁ?
今、思うと疑問~。

外人さんて、締めサバの刺身って食べるのかなぁ? 
締めが浅いと、食あたりを喰らうけど、美味しいので止められません。



例のごとく、切り落とし~。
本当は飽きてきたけど、何故か食べたくなる。 



Fujiフィルム X-M1  ズーム&マクロ でした。



 
■  [PR]

笹塚縁日まつり


 撮った画像を拡大して等倍で見ないように! って言われるけど・・・・
 自分が狙った通りにフォーカスが合ってるか、ついつい等倍で確認しちゃう。

 いい雰囲気で撮れたなぁ~何て思ってる画像に限って、等倍すると手前や
 奥側の背景にピントが来てたりして、ガッカリする事もしばしば。

 画像下さい! って云われても、ピントが前後にズレている物は基本的に
 下手くそを証明しているようで、差し上げたくないのが本音であります。

 カメラ専門誌でもよく見かけるのが、ピントずれや赤被りの肌色。
 被写体ブレの画像を載せるなんて持っての他と思っているので
 えっ! 何で、こんな写真掲載して、お金貰ってるの? って思うことしばしば。

 さて、先週の 笹塚縁日まつり の時の写真です。



 雰囲気も出ていて、ピントも来ている・・・と思う。 

 まっ、でっかく撮っただけでしょう! って言われてた事もあったなぁ~

 前後左右を1mくらい動く演舞なので、この70-200mmのレンズの最短焦点距離
 ギリギリで撮っていますが、手前に10cmも移動されたらピントが合わなくなって
 しまいます。後ろには下がれないし・・・・

 近距離で撮るのも、意外と大変なんですから。


 
 
 
■  [PR]

得意・不得意


 最近はエイサー演舞を撮って、失敗から色々と学んで それなり~に 
 見栄えのする絵が出せるようになったかなぁ。 

 とちょっと自慢もしてみたりして。

 でも、いい感じのお店だと思って撮っても、 現像して・現像して・現像しても

 さっぱり いい感じに落ち着かない。

 まだまだだなぁ~と反省。

 



 沢山撮っていれば、またそのうちに 上手くなっているのでしょうか。

 頑張って撮ろうっと。



 
■  [PR]

笹塚縁日祭り

2014年8月、最後の週 30日(土) 京王線笹塚駅の縁日まつりを撮影に行きました。



車一台が通れる 商店街の通路を半分使って演舞していましたが、大混雑になっていました。


最近、セミプロの写真家さんと撮る機会が増えてきました。
同じ状況で撮り比べみたいな感じになっています。
写真を綺麗に加工できるようになって来ているので、自分なりに満足していますが・・・
やっぱり、他人のショットはどんな風に撮っていたのか気になります。

見ると・・・・
ピントは甘いし、手振れ・被写体ぶれが結構あります。
水平・垂直・トリミングもしないので、撮った時の状況のままアップ。
写り込んでいる第三者の顔だけはボカした修正をしている処は、さすがプロの掟。

で、撮られてる皆さんの評価は ”とてもいい感じ”って事らしいです。




私の場合は、綺麗に現像する事とか、この太鼓の輝きがいいねぇ~ 何て思って
いる所から、ズレちゃっているんだろうなぁ~ 
と反省すべきなんでしょうねぇ。


後ろに写り込んでいる獅子のボケ具合もいいなぁ・・・・
と思っている所から、皆さんの御評価から遠のいているんでしょう。


暗くなると全く撮れなくなっちゃう。
上のはストロボを炊かなかった時で、ISOを上げて、スピードを下げて取りましたが、
ピントは取れてないし、被写体ぶれもひどい。 あ~ごめんなさい。

下のは、反省してストロボ炊いてみました。
ISOが上がっているので、お店の照明で白とび状態&ストロボ光で何か不自然。
あ~ごめんなさい。




帰り掛けに、日本にもう数人しか残っていない飴細工職人さんのブースに寄りました。
小さい頃にはお祭りの屋台に必ず在ったのですが、飴細工買わないからなぁ~



笹塚駅を甲州街道を横切った反対側の商店街を抜けたところに見つけた
串カツのお店。

サイコロチンチロでぞろ目が出ると、ハイボール 1杯無料になります。
2回目のチンチロリンで成功しました。 
串焼きを15本食べて・ハイボール飲んで、2600円。 安いなぁ~




 

■  [PR]

2011年10月日本橋での撮影に遡って・・・・

2011年10月に日本橋で撮影したデーターを改めて現像した。
当時、赤絨毯による赤被りを処理出来ずに未公開だったが、いま、赤被りを何とか克服。
数年後には、もっといい処理方法を身に付けているかも。




相馬の馬が日本橋を歩きました。 格好良かったなぁ~
お馬さん、可愛かったけど、持ち手の女性も可愛かった。


この時は気付きませんでしたが、神輿がデカイです。
担ぎ棒も、漆黒の太角で肩が痛そうです。






*


■  [PR]