eye-fi

D810の画像をipad に飛ばしたいな!

SDスロットに eye-fi カードを差すだけでできました。

ipadが他のwifi と通信していると 繋がらないので 遮断するのがボイントです。
メモリーカードにデータが書き込まれると 通信ーデータ転送 になるので
4〜5秒のタイムラグがどうしても 出来てしまいます。連続してシャッターを切れば
気持ち良く転送しますが 間を空けると 一旦回線がきれてしまいます。

富士フィルムのX-M1 でも試してみました。 使えます。
何と X-M1 カード無しでも wifi の通信機能を内蔵してました。

購入してから1年以上経ってますが 全然知りませんでした。


# by jonzz | 2015-02-18 21:17 | Fuji X-M1 | Comments(0)

CP+2015

電車の動画広告で ”努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る” てのが流れていました。

 すごいなぁ~と共感致しました。調べてみたら 井上靖さん が言われたとの事。

よしっ! がんばろう。

写真家 吉村和敏 さんが、645D,645Z と 
今度出版する本”イタリアの最も美しい村”の話を色々していました。
5000万画素、645Zはシャッター改良と手振れ防止機能で、手持ちでもブレないそうです。
Canonの新型機 5000万画素 三脚使わないと ブレるとの事。
まあ、2年後には改良されて 5000万画素の1眼レフ 
手ブレ無しは 当たり前の時代に突入でしょうね。


なんかなぁ、ニコンのブースは イマいち だったなぁ。


フジフィルムは Hondaのバイクとタイアップか? 
コンパニオンの小暮あきさん バイカーのイメージがピッタリで 撮っていて 気持ちがいい。




パナソニックも頑張ってます。


小河先生、今年もお元気で。 
ご挨拶させて頂きました。


シグマ・ブースの子は、可愛かったなぁ~

D810+85mm(G)f1.4 f5.6 1/100 ISO:オート 

3600万画素で 手ブレているようじゃぁ、まだまだ未熟。
しっかりと構えなきゃ と思い頑張ったのですが・・・・

NkonのD810 を購入したばかりなので、 他社の1眼レフに興味が湧きませんでした。
ストロボ機材や空中撮影用の機材などが面白かったです。











..... Ads by Excite .....
# by jonzz | 2015-02-15 23:35 | D810 | Comments(0)

菜の花と富士山

2015-01-18 吾妻山公園にて

 D700+60マクロf2.8 f20 1/400sec ISO640

普段、風景写真を撮らないので、絞り優先にしましたが ISOをオートにしてたので
640まで上がっていました。

菜の花にも富士山にもピンが来てなく、何を撮っていたのか・・・




# by jonzz | 2015-02-10 23:59 | D700 | Comments(0)

浅草寺にて



D810+24mmF1.4 の組み合わせ

D700の時は24mm F1.4(G) は殆ど使い切れなかったが、D810では
メインのレンズにしても良いいと思う。

35mmや58mmが欲しいけど、高くて買えない。
でも、24mmでしっかり撮って、35mmや58mmの代用としてトリミングして
つかえる高解像データーを作り出す D810はすごいと思う。











..... Ads by Excite .....
# by jonzz | 2015-02-08 22:51 | D810 | Comments(0)

D810 + 50mm F1.4



ブリをしゃぶ・しゃぶうしてみました。 
豚しゃぶなら脂身が抜けて、スッキリした感じで食べれるのですが

お魚をしゃぶすると、逆に魚の生臭い感じが引き立ってしまいました。

で、呑みすぎ・・・・









..... Ads by Excite .....
# by jonzz | 2015-02-08 00:01 | D810 | Comments(0)

D810 + 50mm f1.4



いつもなら、フジ X-M1+マクロ で撮っているのですが、

D810を買ったばかりなので・・・ 久々に 50mm(G) f1.4 を使ってみました。

D810+50mm(G) 1/60sec f2.8 にて

ライブビューにて撮っています。 D700の時はライブビューは全然使い勝手が悪く
ピント合わせをしている間に、どんどんバッテリーが消耗して全く駄目でしたが

D810では使えそうです。
(ほんとうは当たり前の話なのですが,D700と比較しては駄目ですね)










..... Ads by Excite .....



# by jonzz | 2015-02-07 00:24 | D810 | Comments(0)

有楽町・銀座


いい被写体を探しに有楽町から浅草まで移動





銀座が相当変わってしまっていて、驚きました。

D810+24mm(G) で撮り歩きましたが、軽いし、手持ちですが、絞りをグイグイ絞っても
シャッター・ショックが少ないのでシャッタースピードが1/30sec付近でもブレ難い。
そう思うと、D700は難しかったです。

D810は簡単にいい絵が撮れてしまうので、基本的なカメラの構え方などが
疎かになってしまう気がします。

また、いい絵、良い画質で撮っても、感動する写真にはならない と理解しました。










..... Ads by Excite .....
# by jonzz | 2015-02-04 23:59 | D810 | Comments(0)

D810 高感度ノイズ 検証

D810 で高感度のテストをしてみました。
 D810 + 85mm(G) f4 1/50sec
上段が sRAW と 下段が RAW(L)非圧縮
※sRAWとRAW(L)の画像は横幅800ピクセルに合わせました。


↑ISO64 sRAWの時





↑ISO64 RAW(L)の時


↑ISO1000 sRAWの時






↑ISO1000 RAW(L)の時



↑ISO12800 sRAWの時





↑ISO12800 RAW(L)の時



RAWデーターをそのまま 1:1 で拡大トリミングしています。


編集ソフトで加工すると



↑ISO64 sRAW ノイズ除去の時





↑ISO64 RAW(L) ノイズ除去の時


↑ISO1000 sRAW ノイズ除去の時





↑ISO1000 RAW(L)ノイズ除去の時


↑ISO12800 sRAW ノイズ除去の時






↑ISO12800 RAW(L)ノイズ除去の時

RAW(L)の方がピッチが細かい分 画像がハッキリしますね。
決してsRAWの方はピンボケ って云う訳ではございません。


さすがにISO12800の暗ノイズを消してゆくと、エッジが緩くなってしまいますが、
拡大しなければ使えるレベルかと思います。

元画像はこんな感じです。



..... Ads by Excite .....
# by jonzz | 2015-01-28 21:02 | D810 | Comments(0)

ISO 12800


D810 の 高ISOはどこまで使えるのか?

D810 + ツアイス 50mm f4 1/100sec
sRAWモード


ISO 10000


ISO 12800

sRAW画像データを 1:1 でそのまま切り出してみました。 
僅かに口の回りが赤被りしていますが、FujiフィルムのRAWも同じ傾向でした。

予想外にISO12800 まで使えそうです。 
バックが黒色と猫の毛並みで 暗ノイズ が目立っていません。

編集ソフトで ノイズ軽減 すれば 消えてしまう気がします。

新機種は、やっぱり凄いです。











..... Ads by Excite .....
# by jonzz | 2015-01-27 23:08 | D810 | Comments(0)

新機材投入 Nikon D810

 今年、正月早々から、D700 の挙動がおかしくなってしまいました。
 液晶モニターが真っ暗のままだったり、シャッタースピード・絞り値が表示されず
 シャッターが切れない・・・・。

 電源を入り切りしたり、電池を抜いたりして、振ったりと何かしている内に元に
 戻ります。 

 季節がら、静電気の要因が考えられますが、今までそのような現象は無かったのです。

 で、サブ機を購入致しました。

 いわゆる、買い足しでございます。 あくまでも、サブ機のつもりなのですが、
 メインの D700 より 格は上でございます。








D810 に シグマの12-24mm のレンズをつけてみました。

D810はD700と比べると軽くて玩具みたいに感じてしまいます。

32GBのメモリーで D700 だと RAWモードで 1,200枚撮れます。
D810では sRAWモードにして 1,000枚。 当面はsRAWで運用します。
RAW(L)だと 400枚程度です。 高解像度で撮ってトリミングする時にだけ
このモードを使おうかと思っています。















..... Ads by Excite .....


# by jonzz | 2015-01-26 21:38 | D810 | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >